臓器別ダイエット方法とは?ゾンビ座りと5秒足踏みのやり方

更新日:

【胃(食欲を左右するホルモン)】・【脳(リバウンドをするか決める)】・【腸(脂肪を燃焼させる)・【胆のう(ある成分を作って脂肪燃焼を指示)】4つの臓器をコントロールして痩せる身体つくりの方法とは?それぞれの臓器における特性を見てみましょう。


池谷敏郎先生が臓器別ダイエットを生み出したパラ!


臓器別ダイエット?臓器を取り出して一個一個ダイエットしていくのかな?わたしなんだか怖くなってきたよ・・・。


そういうことじゃないわ。

臓器別ダイエットとは

池谷敏郎先生らが提唱する臓器別ダイエットは、「胃・脳・腸・胆のう」の4つの臓器に注目するというもの。それぞれ臓器の特性を見てみましょう。

「胃」食欲を左右するホルモン

レプチンとグレリンと呼ばれるホルモンがありますが、これは食欲と深い関係性を持ちます。

レプチンは、脂肪細胞から生成されるホルモンで、満腹中枢を刺激する作用があるため、食欲を抑制する働きがあります。一方で、グレリンのホルモンには食欲を増進させる作用があります。

つまり、レプチンがグレリンよりも多ければ痩せます。

しかし、そう簡単ではありません。グレリンは食欲を増進させるホルモンですが、成長ホルモンを分泌させる作用もあるので、グレリンホルモンは人が生きていく中でとても重要な存在です。

そして、レプチンは身体に含まれる脂肪が多いほど、脂肪を減らすためのホルモンが増えますが、太っている人はなかなか痩せません。その理由は、レプチンはちゃんと出ているものの、出ていても反応しない状態に陥っているためです。

レプチンは食事により分泌が開始されますが、ここでとても大切なポイントがあります。それは、ゆっくりよく噛んで食べる・睡眠時間をしっかり取ることが重要。

早食いしてしまうと、レプチンが出る前に満腹になってしまい、この状態を続けると満腹中枢が反応しなくなり結果的に脂肪がたくさんつくという悪循環になります。

そして、睡眠時間が5時間未満の人は、それ以上の時間を寝た人に比べて血中のレプチン濃度が低いという研究結果も出ています。睡眠時間7時間~8時間取ると、グレインを抑制することができます。

レプチンとグレリンのバランスが大事です。ゆっくりと噛んで5時間以上寝るとホルモンバランスが正常になり、痩せることができます。

「脳」リバウンドをするか決める

ダイエットを左右する司令塔の脳は、ダイエットをする上で成功か失敗かを左右する大きな決め手になる存在です。

ダイエットには停滞期がつきものですが、これは、生物が食料を安定的に食べていたある日を堺に、急に栄養が取り込めなくなる時、生命を維持させるために消費エネルギーを抑えて、できるだけ脂肪を落とさないようにする応急処置機能。

この時期にダイエットを諦めてリバウンドをしてしまう人も多くいます。急激なダイエットを始めることにより、脳が飢餓状態だと錯覚して働く、「肥満遺伝子(倹約遺伝子)」により発生するのです。

一度倹約モードに入ると、1ヶ月ぐらい続きます。脳に今の状態が安全だと認識させることが重要です。

1ヶ月で5%以上の体重を落とすと脳は危機感を持ってしまいます。過度な食事制限をしている場合は、たまにはご褒美を食べてみるのもストレスをためないコツです。

脳に満腹感を与えてリバウンドを防ぐ方法は、食事の15分前にガムを噛むとよいでしょう。

本食を食べる前に満腹感を感じることができるため、暴食過食を防ぐことができます。よく噛むことが大切です。

そして、料理をのせる皿を小さくすることでも錯覚により脳を騙して満腹感を得やすくなります。

「腸」脂肪を燃焼させる

腸自体が前へ出ることでお腹も前に出てしまいます。なぜ前に出てしまうのか?それは、腸を包んでいる筋肉が緩んでしまっているからです。

インナーマッスルを鍛えることでダイエット効果を高めることができます。筋肉は、エネルギーを高く消費させるため、これらを鍛えることで代謝や循環がよくなり痩せやすい身体になります。

特に、腸腰筋を鍛えることで高い代謝アップに期待できるため、大きめの歩幅でウォーキングをしたり、階段の昇り降りで日常的に鍛えましょう。

腸を包んでいるくびれ筋を鍛えることが重要です。くびれ筋(腸腰筋)は、背骨と脚をつなぎあわせている筋肉。

鍛えることでぽっこりお腹も減り、背筋も伸びます。そして、腸内に筋肉がつくと内臓脂肪もどんどん減っていき、体温も上がるので冷え性の改善にも期待ができます。

もやパンダ
腸を鍛えて痩せるパラ!腸を優しくマッサージするだけでも腸の活動を促すことができるパラ。健康にも効くパラ。

ゾンビ座りのやり方

1・・・
椅子に浅く座り、脚を肩幅くらいに広げます。

2・・・
背筋を伸ばし、手を前にあげます

3・・・
5秒かけて息を吐きつつ、おへそを覗きこむようにしながら背中を丸めます

4・・・
戻るときは5秒かけて息を吸いながら行います

5・・・
3回繰り返します

ゆっくりゾンビ座りをすると腸腰筋が鍛えられます。

もやパンダ
ゾンビ座りをするパラ。

5秒足踏みのやり方

1・・・
椅子に深く座り、脚は90度に曲げます。背筋は伸ばします

2・・・
片足を5秒かけてゆっくり上げて、5秒かけて下ろします

ゆっくり行うことが重要です。また、夕食の2時間後に行うと効率がよくなります。

もやパンダ
ゾンビでやせるパラ。面白いパラ。

「胆のう」成分を作って脂肪燃焼を指示

胆のうで分泌される胆汁酸は、脂肪を燃焼させる働きがあります。

しかし、古い胆汁酸が腸内に溜まっていると、消化吸収力を低下させてしまい、新しい胆汁酸が作られにくくなります。胆汁は、1回の便で5%排出されます。

いかにして古い胆汁酸を体外へ排出させることができるかがポイント!こんにゃくやマイタケなどの食物繊維が豊富に含まれた食品を摂取すると良いでしょう。

また、“アスペルロシド”という物質は古い胆汁酸を排出させる作用があり、これは杜仲茶に多く含まれています。

水溶性食物繊維を摂るとよいでしょう。便を柔らかくして胆汁を排出しやすくします。

キャベツやだいこん、ごぼう、らっきょうがおすすめです。とくにらっきょうは水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

そして、水溶性食物繊維は水に溶けやすいので、できるだけ生のままで食べるようにしましょう。

もやパンダ
らっきょうを食べるパラ。

スムージーダイエットレシピ

池谷敏郎先生が5年間飲み続けている朝のスムージージュースの作り方レシピ。

池谷式朝ジュース作り方

メモ

材料

ニンジン
1.5本

リンゴ
1/2個

レモン
1/2個

アマニ油
小1

1・・・
ニンジンの皮をむき、リンゴの芯を取り除いて細く切りましょう

2・・・
レモンは良く洗ってから、皮ごと小さく切ります

4・・・
リンゴ、ニンジン、レモンをジューサーにかけましょう

5・・・
コップにいれてアマニ油を加えて完成です

好みで生姜を加えると味が締まり冷え性にも効果的。

らっきょうスムージーの作り方

メモ

材料

らっきょう
3粒

りんご
100g

レモン汁
大さじ1

はちみつ
大さじ1

お好みでミント
(水+氷100g)

上記と同じように、ジューサーに入れて作ります。

まとめ ゾンビを真似て痩せる


臓器別ダイエットで痩せやすい身体を作るとダイエットの成功につながるパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.