甘酒ダイエット方法の効果と太らない正しい飲み方 - もやパンダのダイエット&健康

痩せる食べ物

甘酒ダイエット方法の効果と太らない正しい飲み方

更新日:

江戸時代には、栄養豊富な甘酒を体力回復に効果的としており、栄養ドリンクとして飲む習慣がありました。特に体力が消耗しやすい暑い夏に飲んでいたと言われています。

 

しかし現代では寒い日に温かい甘酒を飲むと心が落ち着く人も多いのではないでしょうか?この甘酒に含まれる成分には、美容やダイエットにとって多くの効果があります。

 

甘酒の美容&ダイエットに効果的な栄養素


甘酒はおちつくパラ~♪

 


なんかホッとする不思議な飲み物。東京農業大学の甘酒の研究によると、甘酒には30種類以上の栄養素が存在することが判明していて、次ように代表的なものがあるの。

 

◎9種類のアミノ酸

◎ビタミンB群

◎ナトリウムやマグネシウム

◎食物繊維

◎イノシトール

など

 

◎9種類のアミノ酸
人の身体では作る事が出来ない9種類のアミノ酸。この9個のアミノ酸がすべて含まれています。

◎ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)
ダイエットではお馴染みのビタミンB群です。糖質を燃焼してくれる作用があるため太りにくい栄養素となります。甘酒を毎日2週間摂取させたマウスは中性脂肪が抑制されたというデータもあります。

◎ナトリウムやマグネシウム
身体の水分や骨を生成するために必要な栄養素で、汗などにより失われやすい性質を持ちます。

◎食物繊維
甘酒には食物繊維やオリゴ糖も含まれているため、腸の働きを良くしてくれる作用があります。

◎イノシトール
抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれ、血管や肝臓の脂肪の流れを良くして肝臓に余分な脂肪が蓄積されないようにする作用があります。

 

この他、オリゴ糖、グルタミンやブドウ糖などが含まれます。また、麹(酒かす)には、美肌成分のコウジ酸が豊富に含まれており、シミの原因となる過剰なメラニン生成を抑え、シミやくすみを防いでくれる効果があります。そして頭皮環境を正常化し、美しい髪を作る効果に期待出来ます。

 

2種類の甘酒で痩せるのは米麹


甘酒には2種類あるの。栄養素が豊富なのは酒かすから作られた甘酒ではなく、米麹から作られた発酵食品の甘酒になるわ。間違えないようにしましょう。

 

◎酒かすから作られた甘酒はアルコールが含まれているので注意が必要です

◎米麹で作られた甘酒は米と麹を発酵させて作られているため、砂糖不使用でノンアルコールです

 


間違えないように気をつけるパラ。

 

効果的な甘酒の飲み方


甘酒の効果を十分に得るには朝に飲むようにするの。朝に甘酒を飲んでおけば、ビタミン、アミノ酸、エネルギー源を効率よく取り込む事ができて、身体のだるさを低減させ、1日を疲れ知らずで過ごすことができるわ。

 


おいしい甘酒で痩せるパラ!綺麗になるパラ!

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.