エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

内臓脂肪を減らすアカモクの効能が凄い!食べ方

高血糖や動脈硬化など、万病の原因になる内臓脂肪を食べるだけで減らしてくれる海藻があります。特に東北地方で多く食べられているというのです。家庭の医学も進歩し、医学界も注目する海藻の正体とは?

スポンサード リンク

内臓脂肪の種類とは

脂肪には種類があるパラ。脂肪の種類を知って効率的なダイエットをするパラ。

うん、血液中に流れている遊離脂肪酸コレステロール体脂肪などがあるわ。体脂肪は皮下脂肪内臓脂肪に分けることができるの。

内臓脂肪は内蔵についてる脂肪パラ。内臓の位置を正しく保ったり、衝撃を和らげるクッションのような役割がある大切な脂肪パラ。

内臓脂肪は代謝がとっても活発なの。脂肪がつきやすいけど落としやすい脂肪よ。ダイエットを始めると真っ先に減る脂肪。ただ、遊離脂肪酸として血液中に溶け流れやすいことを意味しているから、余分な脂肪が血液中に溢れると糖尿病や動脈硬化などの原因になる可能性があるわ。

内臓脂肪は落としやすいからってあなどれないパラ。余計な内臓脂肪をつけないようにするパラ。

家庭の医学を極める内臓脂肪を減らす海藻とは

そんな内臓脂肪が気になるときは、オクラのようなネバネバした海藻を味噌汁と一緒に食べるといいの。「ねばらねば」と呼ばれている海藻よ。

ねばらねばパラ?魔法の言葉みたいパラ。

正しい名前はアカモクといわれて、別名「玉藻(たまも)」とも呼ばれているの。褐藻の種類の海藻で、ひじきや昆布やワカメと同じ種類よ。体長は10メートル近くになる大きな海藻で、北海道から鹿児島まで生育しているの。


(出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp)

日本の広い範囲にある海藻パラ。でも名前を聞いたことがないパラ。

アカモクは日本各地で呼び名が違うの。その地方で名前が違うから”アカモク”の名称はあまり知られていないってわけ。アカモクは浜辺に漂着したり、養殖網に絡んでしまったりするから漁師さんや海辺に住む人たちには邪魔者扱いされてきたわ。

厄介な存在だったパラ・・・。

でも、日本海側は強風と荒波が目立つ場所で海藻類が生育しにくい環境だけど、秋田、山形、新潟などの地域では冬場の海藻類はとっても貴重。アカモクは生命力が強くて厳しい環境でも育つから食用として大切な存在だったの。その一方で、太平洋側では昆布やワカメなどの海藻類が豊富にあるわ。アカモクが食用として扱われることはほとんどなかったの。

太平洋側は海藻が豊富パラ。生命力が強くて大きいアカモクは、養殖の網や漁の網に絡みついて大変パラ。漁船やフェリーのスクリューに絡みついて大変パラ。太平洋側の人にとっては邪魔者扱いだったパラ。

うん、その理由から日本海側の人はアカモクの存在を知っていても、太平洋側の人は知らない人が多いの。この褐藻に含まれているフコキサンチンが脂肪を落とす重要な鍵を握っているわ。

フコキサンチンパラ?

内臓脂肪を減らすフコキサンチンの効果

フコキサンチンは海藻に含まれる赤色の色素成分。光合成を補助する成分があって内臓脂肪の分解を促進する力があるの。アカモクは褐藻の中でもフコキサンチンが豊富に含まれているわ。フコキサンチは体の脂肪を熱に変えてしまう特殊なたんぱく質を作り出すことが最新の研究でわかったの。

脂肪は熱で燃えるパラ!

褐色脂肪細胞は自ら燃焼して脂肪を減らして、白色脂肪細胞は中性脂肪を溜め込む性質があるけど、褐色脂肪細胞みたいにフコキサンチンは、白色脂肪細胞を自ら燃焼させて減すことを促す効果があるの!

すごいパラ!ダブルの効果で内臓脂肪が減るパラ。

日本栄養食糧学会の研究結果では、40才以上の男性協力者を1日当たり1ミリグラムのフコキサンチンを摂ってもらったところ、内臓脂肪が減っておなか周りが細くなることを確認したわ。アメリカの研究結果では、白人女性60人で1日2.4ミリグラムのフコキサンチンを摂ってもらったところ、体重、体脂肪、肝臓、血中に含まれる脂肪が減少していることを確認したの。4週間で体重が1割、体脂肪約1割減少した女性もいたみたい。

内臓脂肪を減らすフコイダンの効果

実はアカモクにはもう一つ痩せる成分があるの。昆布など海藻を触ると、ぬるぬるした透明のぬめりがあるわ。これはフコダインと呼ばれるもの。アカモクにはフコダインが昆布、わかめよりも豊富に含まれているの。

フコダインにも痩せる効果があるパラ?

内臓脂肪を抑える作用がフコダインにあって、脂肪や糖が腸の中で吸収されないように体外に排出する働きがあるわ。血液の中にある糖が過剰に増えると中性脂肪に変わって体内に蓄積されていくけど、フコダインは糖が過剰に増えることを抑える作用があるから、体内に脂肪が溜まりづらくなるの。その結果、内蔵脂肪が増えなくなるってわけ。

フコダインすごいパラ。

悪玉菌は腸内で有害物質を持つけど、それらが腸壁から血液に入りこむと体中に運ばれて体の動きを悪くしてしまうわ。代謝が落ちるから太りやすい体質になってしまうの。フコダインは腸内で有害物質と水分を一緒に吸収しながら体外に排出するから、悪玉菌が少くなくなって代謝も高い状態を維持できるわ。そして、フコダインは善玉菌のエサになって腸内で善玉菌を増やすこともしているの。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

アカモク入り味噌汁の作り方

アカモク入り味噌汁の作り方はたくさんのレシピがあります。その一例になります。また、味噌汁以外にも、白米にのせたりして食べることが可能です。

1・・・生のアカモクを軽く水洗いします

2・・・塩を一つまみ入れて、お湯で1分ほど茹ましょう

3・・・ザルにとり、冷水で冷やします

4・・・軽く絞って、包丁でみじん切りにします。(刻むほど粘りが出ます)

5・・・味噌汁に刻んだアカモクをトッピングして完成

Rakuten

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

善玉菌が増えると便秘解消にもつながるパラ。アカモクには「フコキサンチン」と「フコダイン」で内臓脂肪を減らす2つのすごい成分があったパラ!健康になる味噌汁にアカモクを入れて痩せるパラ。