気になるキーワードを検索

健康維持の方法

ニキビ跡の正しい消し方と治し方

更新日:

思春期になるとニキビに悩む、あるいは悩んだ経験を持つ人も多い。ニキビは予防が最優先で、出来た瞬間から早期に治すことが求められている。

ニキビ跡が出来ないようにするには?

お肌にニキビは天敵だ。ニキビは過剰な熱やホルモンバランスの乱れ、それに毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして細菌が繁殖、炎症を起こすことが主な原因だと言われている。

ニキビができる原因とは

ニキビは、過剰な熱やホルモンバランスの乱れで出来ることが多いため、思春期世代によく見られる。

毛穴に溜まった皮脂を栄養源に細菌が繁殖や炎症を引き起こすため、清潔に保つことが大切だ。ニキビができる主な原因は次にあげられる。

ストレス

ストレスがたまると皮脂分泌が過剰になりやすいという体質からニキビが出来やすい人もいる。

ストレス社会で生きる現代人にとってストレスは切っても切れない存在のため、リラックスが出来る時間を多く取るようにすることが大切となる。

お菓子に潜む危険

ケーキやお菓子が引き金になることもある。お菓子を作る過程で油をたっぷり使うものも多くあるため、この油分がそのまま皮脂となり分泌されてニキビにつながる恐れがあるのだ。

揚げ物やナッツ類の脂肪や油が多いのも同じで、食べ過ぎには気をつけることが大切だ。

アルコールも注意!

アルコールが原因の可能性もある。アルコール摂取量が多い人は、ニキビができやすい傾向があるのだ。

アルコールには糖分が多く含まれており、アルコールを分解する時にビタミンを多く使用するためニキビができやすくなる。適度な飲酒を心がけることが大切だ。

ニキビの種類

一概にニキビといっても、ニキビには種類がある。

メモ

・白ニキビ

・黒ニキビ

・赤ニキビ

・凹凸

赤ニキビは悪化した状態だ。赤ニキビよりも更に悪化すると凹凸のクレータータイプと呼ばれるものになり、場合によっては治療が必要になることもある。

ニキビは初期対策が大事!直し方(治療法)

ニキビは初期の段階で対策をしておかないと悪化してしまうため、赤ニキビを治すためには、触らないことが大切だ。触ることは厳禁!

では、なぜ触ってはいけないのだろうか?

その理由は、ニキビが細菌だから。人の手にはバイ菌がたくさん付いている。その手で赤ニキビを触ると細菌が喜ぶ環境を作ってしまい、さらに悪化を引き起こす恐れがあるのだ。

おでこにできたニキビを前髪で隠してしまいがち。

しかし、この行為もおでこの汗が前髪とコラボすることで汚れが溜まりやすくなる。本来はニキビができたら、おでこ全開が好ましい状態だ。

しかし乙女心には難しいところ・・・。

可能な限り汗を拭きとるなどして清潔に保つことが大切だ。ニキビを早く治すには、細菌がいなくなる環境を作ることがポイントになる。

ニキビ跡が出来にくくするには?

ニキビの跡は一生消えないと言われているため、心配している人も多い。ニキビ跡は、肌に出来た炎症、傷、色素沈着によるシミの状態だ。繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと次第にダメージが深くなる。

それはやがて皮膚深部の組織を壊してしまい、再生が出来なくなりニキビが治っても跡が残ってしまう悲しいメカニズムに陥る。

ニキビによっては完治するまで長期間かかるのだが、正しい治療と食生活により早く治すことが可能だ。

また、最近では医療が発達し、治らないといわれていた重症のニキビ跡でも目立たなくできるように技術が進歩している。

ニキビ対策に有効な栄養素と紫外線対策

食べ物は何を食べたらニキビ予防に効果的なのだろうか?

ニキビ対策の鍵はビタミンCにある。ビタミンCには皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える働きがあるのだ。

ニキビ跡の赤みを薄くするのに最も効果を発揮するのは、ビタミンC配合の化粧水と美容液を使ってスキンケアを行うこと

また、紫外線を浴びすぎてしまうと炎症している赤みが悪化してしまい、色素沈着することがある。外出時は帽子や日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行うようにするとよい。

まとめ ニキビは初期段階で早期治療!クレーターになると大変

クレーターニキビは自然治療ができなくなってしまうため、通常、レーザーなどの治療が行われる。そして肌の弾力の元になるコラーゲンの量を増やしたり、 ターンオーバーを促進することで目立たない程度まで改善していく。

それでも一度破壊された皮膚組織は二度と回復しないと言われている現在の段階では、完全な完治は難しい。

しかし、IPS細胞もあるため再生技術が研究を積み重ねていけば近い将来、綺麗な皮膚を取り戻せる日が来る可能性は大いにある。

赤ニキビが悪化するとクレータータイプのニキビ跡へ。皮膚組織まで破壊される。破壊された皮膚組織は回復しない。凸凹状になり肌に残ってしまうのだが、医療は進化を続けている。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.