ダイエット知識

8時間ダイエット方法の効果と正しいやり方

更新日:

アメリカで大流行している話題のダイエット法「8時間ダイエット」とはいったいどのようなもの?肉も魚もモリモリ食べてグルテンフリー&食べる時間は8時間以内!やり方の方法や注意することはあるのでしょうか?

 

スポンサード リンク

8時間ダイエットとは


8時間を守れば痩せることができるらしいパラ。どういうことパラ?

 


8時間ダイエットはその名の通り、“8時間”がテーマになるダイエット法。1日は24時間あるけど、この中でご飯を食べることができるのは8時間だけ。つまり16時間は水分以外何も食べることができなくなる例えば次のような感じ。

 

◎午前7時にご飯を食べると午後3時までに夕食を終えなければいけません

◎午後7時に夕食を食べたい場合は午前の11時に昼食を食べるようにします

 


8時間ダイエットは「8:16ダイエット」とも呼ばれているわ!

 

8:16ダイエット

8時間ダイエット(8:16ダイエット)は、一日24時間を8時間と16時間に分け、8時間の間に一日の食事をすべて摂り終えます。そしてそれ以外の16時間は何も食べないというダイエット法です。

 

食べる時間が長いと食べたものをすべて消化する前に次の食事を消化しなくてはいけないため、消化しきれないものが残ることが多くあり、そのまま脂肪へと変わってしまうのです。

 

8時間ダイエットで消化をきちんと終えると、胃が空っぽの状態ができるため、身体では代謝酵素という酵素が使われ、代謝促進や脂肪燃焼へと繋げることができます。

 

8時間ダイエットのやり方

1・・・
一食目を食べてから8時間以内に一日の食事を終える

2・・・
残りの16時間は何も食べないようにします

3・・・
次の8種の中から一日2種類を食事に取り入れる

 

「卵・脂身の少ない肉・乳製品・ナッツ類・豆類・ブルーベリーなどの果物・穀物・葉物野菜」

 

16時間の間は食べ物は食べられません。水やお茶、白湯などのカロリーが含まれない水分は摂ってください。ブラックコーヒーも大丈夫です。

 


必然的に1日2食になるパラ!

 


正解。8時間の時間だけをしっかりと守れば特に食事制限はないのがこのダイエットの良いところ。8時間ダイエットと聞くと8時間に頭がいってしまうけど、大事なのは16時間食べていないということ。人の身体は糖質が燃焼されてから脂肪が燃焼されるけど、16時間食べないと新しく糖質が供給されないから、食べない時間帯の間に身体に付いた脂肪が燃焼されることになるの。このため8時間の間は食べても大丈夫というメカニズムよ。

 

スポンサード リンク

8時間ダイエットの効果と注意点


8時間ダイエットの効果と注意点を見ていきましょう!

 

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットは、好きなだけ食べて、1週間で約4kg、3週間で約7kg、6週間で約10kgも痩せる効果があります。16時間何も身体に入れないということは身体は消化などをするための活動を停止していることになります。内蔵の負担が軽くなり疲れきっていた内臓機能が改善し回復することに期待できるのです。

 

また、内蔵負担が軽くなり、老廃物が体外へ排出されやすくなると新陳代謝や血行も促進されダイエット以外にも美肌などの美容効果も得ることが期待出来ます。8種類のスーパーフードのうち1日2種類を食べると効果的です。

 

◎卵と脂身の少ない肉

◎乳製品(ヨーグルト・チーズ等)

◎ナッツ(ピーナッツ・くるみ等)

◎豆類 ・ベリー(いちご・ブルーベリー等)

◎色の明るい果物(りんご・オレンジ等)

◎穀物(玄米・全粒粉パン等)

◎緑の葉野菜

 

8時間ダイエットを正しく行うための注意点

食べる時間を同じにすることで時間遺伝子が作用し、代謝を効率良くあげて燃焼効果をその時間にアップさせることが可能となります。

 

そして、水分を摂取する場合は糖分が含まれたものを飲まないように気をつけましょう。何も食べていない状態で糖分を摂取すると血糖値が上昇して脂肪が付きやすくなります

 

水とお茶に飽きた場合は砂糖の含まれないブラックコーヒーでも代用できます。脳は喉の渇きを空腹と勘違いしてしまうため、水を飲むことで脳を勘違いさせて空腹を和らぐことが可能です。

 

注意ポイント

◎食事時間は8時間の間だけ

◎食べる時間は同じに

◎摂取カロリーは増やさない

◎水・お茶を飲む

◎暴食・過食をしない

 


8時間を守れば結果が付いてくるダイエットパラ。「効果がある」の喜びの声が広まっているパラ。断食よりも軽いダイエット法を試して見るといいパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.