5:2ダイエット方法の効果で乳がんのリスクが低減する

更新日:

週に2日、低炭水化物や低カロリーの食品を摂取して、残りの5日間は通常の食事スタイルにするという、「5:2ダイエット」がありますが、最新の研究により、このダイエットで乳がんのリスクを減らすことができる可能性があることが判明しました。


5:2ダイエットをすると乳がんのリスクが下げられるみたいパラ。


「Mail Online」ニュースに記載されていたわ。

5:2ダイエットで乳がんを抑える!?

5:2ダイエットは乳がん慈善団体ジェネシスのリサーチ栄養士のミッシェル・ハーヴィー博士が開発したものです。

乳がんの発症リスクが下がる理由は、乳房組織でがんを予防する変化が起こるとする説や、ダイエットによって乳房の細胞に到達する糖分の量が減り、乳房の細胞分裂の頻度が少なくなるため、がんになる可能性が減少するという説があります。

研究は乳がんになるリスクが高い人が選ばれました。体重が重めで閉経前の20名の女性を対象に実施。5:2ダイエットを1カ月間継続して調査していきます。

その結果、参加女性は平均3kgの体重減少が見られ、55%の女性が乳腺細胞の変化を経験しました。

この変化によって、「細胞が安定して、ダメージを受けにくくするたんぱく質が生成される結果、乳がんの発症リスクが低減する」と結論づけました。

ハーヴィー博士は、「減量によって乳がんのような疾病のリスクを下げることができることは分かっています」と断言。

ただ、乳腺細胞の変化を経験しなかった女性がいた理由について「ダイエット期間が短かった」などの複数の理由があるとも語っています。

しかし、反論説もあります。

慈善団体ブレスト・キャンサー・ナウのエルネッド・ヒューズ氏は「乳がんのリスクの高い女性がダイエットによって発症率を下げることができるか否かは興味深い問題だが、5:2ダイエットが最適の方法だと示唆するには、今回の研究はあまりに小規模だ」と言います。

ただ、これは反論というよりも、もっと研究を重ねて数字を確かなものにしたほうがよいと提言しているようです。

まとめ 乳がんを阻止できる可能性はある


っということは、研究のデータを集めたら、乳がんに効果があるとわかるかもしれないパラ。研究が進んで確実性が出てくるまでは定期検診を受けるパラ。5:2ダイエットを無理しない程度にしておくといいかもしれないパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.