333入浴法のダイエット効果・やり方と危険な注意点

更新日:

代謝が悪くなると、食べる量は同じでも脂肪の燃焼がしにくい状態になるため、太ってしまう原因になります。代謝が悪くなる一つの原因として“冷え”が考えられますが、この冷えを改善することで痩せやすい身体にすることができます。


ダイエットの敵「冷え性」パラ。冷え性を改善するにはお風呂に入るといいパラ。


わたしお風呂大好き♪冷えないようにお風呂に入る方法とかあるの~?


冷え性を改善する入浴法はいくつかあるけど、最近話題になっているのが333入浴法

333入浴法は1時間のウォーキングと同じ効果で冷え改善

333入浴法は、1回で約300Kcalのエネルギーを消費することができますが、これはウォーキングで300Kcal消費するのと同じくらいです。

歩いて300Kcal消費するためには、1万歩あるく必要があり、時間も1時間ほどかかります。お風呂に入るだけでウォーキング1時間と同じぐらい痩せられる効果があります。

ジョギングやウォーキングをする時間がない人、運動が苦手な人も毎日入るお風呂でダイエットをすることが可能です。

もやパンダ
お風呂でダイエットができるパラ。

333入浴法のやり方

では、333入浴法はどのように入浴をするのでしょうか?

333入浴法の入り方を見てみましょう。

333入浴法

1・・・
41~42℃のお風呂を用意

2・・・
胸、そして首まで浸かり、3分間過ごします

3・・・
湯船から出て、3分間休憩

4・・・
3分間湯船の中で首まで浸かりましょう

5・・・
湯船から出て、3分間休憩します

6・・・
もう一度3分間湯船に浸かります

7・・・
湯船から出て、3分間休憩したら終了です

合計18分間

湯船から上がり、休憩の時にシャンプーや身体を洗うとよいでしょう。以下ような感じです。

3分間
湯船につかる

3分間
出る(身体を洗う・洗顔)

3分間
湯船につかる

3分間
出る(シャンプー)

3分間
湯船につかる

3分間
出る

半身浴と違い、首までお湯がくるので身体全体を温める時間が速いです。

そして、水圧もかかるのでお湯から出た瞬間に一気に血液が流れることで代謝もよくなります。

もやパンダ
333の意味は時間だったパラ。

333入浴法の危険な部分・注意点

すごく温まりそうですが、入って、出て、入って、出てを繰り返すわけです。身体の負担はどうなのでしょうか?

333入浴法は反復入浴になります。身体に大きな負担をかけてしまいます。心臓が弱い人や、高血圧や心疾患を持っている人は控えましょう

発作を起こす危険があります。他のダイエット法を探したほうがよさそうです。

まとめ 水圧を利用したダイエット


注意が必要パラ・・・。


そして、入浴するときには水分補給を忘れずに。冷水は身体を冷やして意味がなくなるから、白湯または常温の水を飲むように心がけて。

そして、交感神経が活発になるから、目がシャキッとしてしまうわ。寝る前の2時間から3時間前にはお風呂を済ませておきましょう


水圧をうまく利用して血の流れを一気に開放する333入浴法で、ポカポカ代謝がアップパラ~♪試してみるパラ~♪

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる運動

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.