痩せる食べ物

三大栄養素・五大栄養素の代謝と働きでダイエットに活かす

更新日:

ダイエット中でも栄養はしっかり摂らないといけないと昔から言われていますが、そもそもいったいなぜ栄養を摂る必要があるのでしょうか?それは、ダイエットと栄養には深い繋がりがあるためです。栄養素を知ることでダイエットの成功に近づくことができます。

 

スポンサード リンク

栄養が必要な理由と不足するとどうなる?


人間に必要な栄養はなにパラ?

 


人が生きていくために必要な栄養素は次の3つがあげられるわ。

 

ポイント

◎エネルギーになる栄養素

◎身体を作る栄養素

◎身体の調子を整える栄養素

 


栄養は人間の身体を作るために欠かせないもの。ダイエットや、忙しい中だと食事を抜いたり減らしてしまいがちになるわ。例えば、カルシウムが不足すると、骨の形成が悪くなり、たんぱく質が不足すると臓器、爪、髪の形成が損なわれたり、脳に栄養がいかないことで疲れやすく、またイライラしてしまい、身体や機能を維持するための栄養が不足することで様々な悪影響を及ぼすことに繋がるの。

 


栄養は大事パラ。

 


栄養はただ摂ればいいという訳ではなく、必要な量を適量にバランスよく摂取することが重要で、食事制限するダイエットでも栄養素をバランス良く制限することが基本的なダイエット法になるわ。必要な栄養が不足すると不都合な事柄が増えていくけど、次にあげられるの。

 

注意ポイント

◎糖質 疲れやすくなる

◎ぼんやりする

◎イライラする

◎脂質 皮膚や血管が弱くなる

◎タンパク質 免疫力が低下

◎髪がパサつく

◎ビタミン・ミネラル 免疫力の低下

◎老化

◎食物繊維 腸内環境の悪化で便秘

 

3大・5大栄養素を味方につけて痩せる


人間の栄養に必要なものは、3大栄養素と5大栄養素と呼ばれているものに分けることができるわ!

 

三大栄養素

◎炭水化物
・・・ご飯・パン・砂糖・トウモロコシなど

◎タンパク質
・・・肉・魚・大豆・牛乳・ピーナッツなど

◎脂質
・・・油・肉・魚など

 

これらの栄養素は身体を活動させる上で非常に重要なものになります。不足すると生命の危機に繋がる可能性があるのでしっかり摂りたい栄養です。

 

五大栄養素

上記の三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)に以下の2つを加えた栄養素をいいます。

 

◎ビタミン
・・・レモン・レバー・大豆など

◎ミネラル
・・・海藻など

 

ビタミンには13種類と多くの種類があります。エネルギー消費に必要な代謝を促進する働きがある「ビタミンB」と、抗酸化作用により肌のツヤを保つ効果があり、老化予防になる「ビタミンC」がその中でもダイエット及び美容効果を持ちます。

 

13種類のビタミン

ビタミンA
・・・うなぎ・人参・レバーなど
ビタミンD
・・・魚・キノコなど
ビタミンE
・・・アーモンド・カボチャなど
ビタミンK
・・・納豆・ワカメなど
ビタミンB1
・・・玄米・豚肉など
ビタミンB2
・・・牛乳・卵・レバーなど
ビタミンB6
・・・鮭・レバーなど
ビタミンB12
・・・牛肉・イクラ・海苔(ノリ)など
ナイアシン
・・・レバー・魚など
パントテン酸
・・・卵・サツマイモ・チーズなど
葉酸プテロイルグルタミン酸
・・・ほうれん草・大豆など
ビオチン
・・・牛乳・レバー・大豆など
ビタミンCアスコルビン酸
・・・みかん・いちご・レモン・トマトなど

 

◎ビタミンB
・・・
エネルギー消費に必要な代謝を促進する働きがあります。脂肪をどんどん燃焼してくれるのでダイエットには強い味方!

◎ビタミンC
・・・
抗酸化作用により、肌のツヤを保つ効果があり、老化予防になります。また、筋肉の成長を助け、綺麗な身体を維持することが出来ます。

 

ミネラルは「主要ミネラル」と「微量ミネラル」に分けることができて、人の身体に必要なものは主要ミネラルの16種類

 

筋肉に糖分を運ぶ働きがある「クロム」など、ダイエット効果もありますが、ホルモンの分泌やエネルギー代謝に作用する「カリウム」や、骨や歯の組織を形成する「カルシウム」など、主に健康に効果的な栄養素が含まれます。

 

主要ミネラル

カルシウム
・・・骨や歯の組織を形成。
リン
・・・エネルギー代謝と筋肉の収縮。
カリウム
・・・神経や心機能を調整、利尿作用など。
硫黄
・・・アミノ酸やビタミンB1と共に、毛・爪・皮膚を生成。
塩素
・・・胃液の調整や肝臓の働きを助け、老廃物の処理を行う。
ナトリウム
・・・筋肉・神経の興奮性を抑える
マグネシウム
・・・酵素の働きを活性化し、精神安定作用の効果も。

 

微量ミネラル


・・・赤血球のヘモグロビン・筋肉中のミオグロビンを生成。
亜鉛
・・・タンパク質の合成など、細胞代謝を促し、骨などを強化・生成する。

・・・赤血球・骨・脳・神経細胞の組織を生成。
マンガン
・・・骨や肝臓の酵素を活性化。
ヨウ素
・・・成長に必要な甲状腺ホルモンの成分。(※過剰摂取は甲状腺異常の危険があります)
セレン
・・・ビタミンEを活性化させる作用や皮膜保護・抗癌などの働き。
モリブデン
・・・脂質や糖質の代謝を促す。
コバルト
・・・ビタミンB12の生成。また神経の働きを正常化する。
クロム
・・・脂肪酸の合成を助け、インシュリンの活性化を促す。

 

◎ヨウ素
・・・
酸素の消費を増やし、エネルギー代謝を促進させます。

◎カリウム
・・・
ホルモンの分泌やエネルギー代謝に作用します。

◎クロム
・・・
筋肉に糖分を運ぶ働きがあります。

 


ダイエットは健康的に痩せないと綺麗に見えずに病気がちに見えるパラ。身体を壊す危険もあるパラ。栄養素を考えたダイエットを取り入れることが大切パラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.