1日で痩せる「1dayデトックスダイエット」のやり方

更新日:

ダイエットは基本的に継続しなければ体形を維持できず、失敗に終わってしまいます。その「継続」することがとても重要ですが、難しい部分になります。

そのような飽きやすい人でも、たった1日だけならダイエットができるかもしれない方法が、1dayデトックスダイエット法です。


ダイエットが続かないときは1日限定でしてみたいパラ。都合のいいダイエットはないパラ?


「EATTHIS! WEIGHT LOSS」によると、1dayデトックスダイエットを行うことで24時間の内に効率よく身体がリセットされるから、代謝が向上してダイエット効果をもたらすとしているわ。

1dayデトックスダイエットとは

ダイエットを始めたのはよいものの、3日で辞めてしまった人も多いはず。でも、1日だけのダイエットならできるかもしれません。次にあげられるやり方で試してみましょう。

1dayデトックスメニュー(やり方)

7:30AM
食事なし

ーーーーー

8:00AM
朝のウォーキング

ーーーーー

9:00AM
水にレモンやオレンジなどの柑橘類を入れたものを飲む・フレーバーウォーターなど。

ーーーーー

10:00AM
バナナと植物性ミルク(ライスミルクやアーモンドミルク)とプロテインパウダーをブレンドしたものを食べる。

ーーーーー

11:00AM
少量のクッキーを食べる。

ーーーーー

12:00PM
ペパーミントキャンドルを炊く

ーーーー

13:00PM
茹でアスパラガスを食べる。

ーーーーー

14:00PM
高麗人参茶を飲む。

ーーーーー

15:00PM
近所を散歩する。

ーーーーー

16:00PM
ブルーベリーを食べる。

ーーーーー

17:00PM
ヨガをする。

ーーーーー

18:00PM
ここからはリラックスしながら徐々に睡眠へ入る

「EATTHIS! WEIGHT LOSS式」

1日の内にデトックス効果を狙うため、朝食は抜いて運動から始めます。これは、前日の夕食から少なくとも12時間は何も食べずに胃をリセットするため。

食べ物はヘルシーなものが多く食物繊維により便秘改善の効果も促します。バナナ、アスパラガス、ブルーベリーは免疫力を高めてくれる低カロリーな食品です。それでいて高い栄養価を補給できます。

また、朝・昼・夕方に軽い運動があります。

午前中のウォーキングは朝の光を浴びることで代謝を上げる効果があるため減量作用を高めることが可能です。この時間帯はストレス発散やリフレッシュ効果も得やすいことでも知られています。

午後の散歩は消化器官を整え、夕方のヨガはストレス軽減と良質な睡眠をとることにつながります。

まとめ 1日だけの集中ダイエットで身体をリフレッシュ


気持ち的にも1日頑張ればダイエットを成し遂げることができるパラ。モチベーションも上がりやすいパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-痩せる運動

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.