1日3分!膝痛の予防と治し方

スポンサード リンク

ヒザの痛みに悩んでいる人は多くいます。どのようなやり方の方法でヒザ痛を解消できるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

ひざが痛くなったら動けなくなるパラ・・・。

ヒザが元気なときにできるだけ歩くなどをして鍛えておくとよいです。

1日3分でヒザ痛予防

ヒザ痛は、1日3分で消すことができます。某番組でカリスマ医師が直伝した方法を見てみましょう。

1日3分でヒザ痛を治す方法

40歳を越えるとヒザ痛を発症するリスクが増大します。

カリスマ整形外科医の銅冶英雄医師は、腰痛改善のカリスマ医師としても知られています。ヒザ痛に至っては、3万人以上の患者を改善させてきた凄腕の持ち主なのです。

ヒザ痛は男性よりも女性の方が多いと言われています。これはホルモンやひざ軟骨の減少から来る関係からです。(40歳以上・・・男性41% 女性62% 厚生労働省調べ)

軟骨は長年使用しているとすり減っていきいます。この軟骨がすり減り薄くなると、骨と骨がぶつかり痛みを発症してしまいます。

長年のヒザ痛や手術でしか方法がないと言われた人も、以下に紹介する方法で改善することが出来ます。

ヒザの曲げ伸ばしが重要!

痛いはずのヒザをあえて曲げ伸ばし運動をすることで痛みがなくなると言います。いったいどういうことなのでしょうか?

タイムド・アップ&ゴーのやり方

医師が患者のひざの状態を知るために行う歩行テストをまずは行います。

これは日本整形外科学会が指定する、実際の医療現場で使用されている検査です。レントゲンでは写らないヒザの痛みを、この方法を用いて改善前と改善後の改善幅を判断しているのです。

やり方

イスから立ち、3m離れた目印を「なるべく早く」回り、戻る時間を計測します。

ヒザ痛の裏技

ひざを曲げて痛い人、逆に伸ばすと痛い人、そのどちらかを診断します。この改善方法は痛い箇所によってやり方が変わります。

やり方

ヒザを曲げると痛い人の判別法

ひざに手を当て、ゆっくりと曲げます。これを3回繰り返し、ひざに痛みや違和感を感じたらこのタイプ。デスクワークに多いタイプです。

ヒザ痛の曲げて痛い場合の改善法

 

1・・・
ひざ丈ほどのイスに浅く腰掛けます

2・・・
痛む側の脚を軽く前に伸ばしましょう

3・・・
両手をひざの上に重ねて置き、垂直方向にゆっくりと力を加えます

4・・・
両手でひざを押し込み2秒キープ!

5・・・
伸ばしたり曲げたりを10回繰り返します

 

この方法は膝痛がない人にも効果があります。所要時間は1分30秒、合計3セット30回(1セット10回)行います。

この運動により、ずれた軟骨を元の位置へ戻し、軟骨が削れてその破片が神経に飛び散らないようにしています。

ヒザを伸ばすと痛い人の判別法

ひざを軽く曲げ、ゆっくりと伸ばしましょう。これを3回繰り返し、ひざに痛みや違和感を感じたらこのタイプです。立ち仕事に多いタイプです。

ヒザ痛の伸ばして痛い場合の改善法

 

1・・・
痛む側の脚をイスに乗せます

2・・・
ひざの上に両手を重ねて乗せましょう

3・・・
身体の重心を前に移動させながら、ひざを前に突き出し深く曲げます

4・・・
限界まで曲げたところで2~3秒キープ!

5・・・
元の姿勢に戻します

 

痛みのない方は片足ずつ、両足行うとヒザ痛予防になります。

まとめ 逆に伸ばすと改善する

健康のために階段やウォーキングを利用するときには注意が必要です。階段は体重の3倍の力を必要とする運動で、これはひざに負担をかけています。

状況によって無理をせずエレベーターを使うようにしましょう。そしてウォーキングは40分~1時間程度にすること。

もやパンダ
もやパンダ

普段ヒザを伸ばしていないから逆に伸ばすと改善したパラ!簡単だから誰でもひざが痛くなくなるパラ!